小規模多機能居宅介護からケアマネージャーへ転職して良かった体験談

こんにちは!すみれです!

ケアマネージャーの資格を取得して、晴れて目標であったケアマネージャーの仕事に就くことになった私。

今までとは違い現場から相談職へと移ります。どんな心境だったのか振り返っていきます。

小規模多機能型居宅は私の介護に対する価値観を変えた

早いものです、介護職に就いてから7年が経ちました。

ケアマネージャー1回目の試験は不合格で泣いたものの、2回目でみごと合格し所定の研修を受け資格手にすることができた私。

やっとここまで辿り着けたんだと改めて実感。

今まで3度の転職をし、訪問介護、有料老人ホーム、夜勤専任スタッフ、小規模多機能型居宅介護のサービスを経験済。

それぞれメリット・デメリットがありましたが、最も勉強になり私の中の価値観がガラッと変わったサービスは、現在勤めている小規模多機能型居宅介護の施設。

初めは、利用者様も職員ものんびり過ぎてメリハリのない時間に戸惑ってしまうこともありました。

これまでの私と言えば、業務をしっかりこなす、不公平感がない給与体系。

何ていうか働く従業員側の目線だったんですよね。でも、そののんびりの中にはしっかりと意味があって、利用者様が自分らしく過ごせるお手伝いができる施設とわかったんですよね。

私の中の価値観が崩れた瞬間でもありました。

よく考えたら当たり前のことですよね?利用者様も職員も自分らしく居られる居場所。

そう思える施設は、先にも後にもこの施設だけだったんですよね。

ケアマネージャーになってから分かったことですが、介護保険は決まりごとや決められた枠の中でサービスを行うんですが、小規模多機能型居宅介護はとにかく柔軟で自由が多い。

これからケアマネージャー職に就くにあたり、その方がその方らしくいつまでもいられるサービスを提供することは大切なことで、そこに気づかせて下さった施設に今でも感謝しています。

私が生保レディから介護職に転職し、最終的に目指していた目標はケアマネージャー。

試験に合格した時から、これから始まる新しい世界にワクワクする気持ちしかありませんでした。

一ノ瀬
転職で「気付き」はメチャメチャ大切。
己を知ること、己を省みること、採用職が大好きな言葉

すみれ
一ノ瀬君がいつも言ってる「客観視」ってやつだよね?

小規模多機能型居宅では不満はないが転職を宣言した私

派遣社員なので、何度か就業期間の更新をしながら小規模多機能型居宅介護職場での仕事を続ける私。

仕事をしながら試験勉強は継続中です。

ケアマネージャーの資格が取得できたら次のステップへ行こうと最初から決めいた私は、ちゃっかり周りの職員にも公言。

実際、ケアマネージャーの試験に受かった時は、利用者様や職員から「試験合格してしまったの?辞めちゃうのか!残念だな!」という声も聞かれ、私自身名残惜しい気持ちになったりもしました。

最も思い入れがある施設ですから、「試験に受かったら卒業なんて言わなきゃ良かった」と少し反省した私。

しかしケアマネージャーになると決めた以上、この施設を卒業しなければなりません。

小規模多機能型居宅介護で学んで得た経験はすごく大きく、私の介護感をガラッと変えて下さいました。

決まりにとらわれない介護。

これからもこの施設で学んだことを必ずケアマネージャーの仕事にも活かして行こうと決心した私でした。

もし小規模多機能型居宅介護のサービスに出会っていなかったら、私は介護保険の枠ばかりに捉われれて、柔軟性のないケアプランナーになっていたかもしれません。

ケアプランを軸に利用者様にしっかり寄り添うことができるようになったのも、この施設のおかげ。

今の仕事があり、2年かけて試験に合格したことがきっかけで、私はまた次のステップへ移ることになります。

ケアマネージャーへの転職はお世話になった派遣会社で

私は、再び転職活動を始めます。

今回はケアマネージャーの仕事で、施設ではなく居宅介護事業所への転職を考えていました。

登録中のスマイルサポート介護さんにも、ケアマネージャーの仕事がないか何度も相談をしました。

でも、担当コーディネーターから返ってきたのは「派遣会社でケアマネージャーを紹介する形はごく稀で、ほとんど求人はない」との言葉でした。

なぜなら派遣は就業期間を定めており、長く信頼関係を築いていく必要のあるケアマネージャー職に派遣社員は見合わないとのことでした。

今回は派遣ではなく、自分から就職活動をすることを決意した私。

子どもは小学校高学年になり、子育てもだいぶ楽になりました。

ケアマネージャー職に夜勤はないので、日勤のフルタイム、正社員で働くと決めインターネットやハローワークにて求人の情報収集を開始。

介護福祉士と同様、ケアマネージャーの求人も大手企業から中小企業まで様々。求人情報はいつの見ても、やはりこの業界はすごく人手不足なのだなと感じてしまいます。

そしてまさかのミラクルが。

スマイルサポート介護さんから、「紹介予定派遣でケアマネージャー職が出たから、是非すみれさんに紹介したい」って嬉しい留守電が入っているじゃありませんか!

聞くと、紹介予定派遣とは、派遣社員で数か月勤務したのち正社員となるシステムで、正社員の試用期間のようなものという。

9時から18時の勤務で、正社員。しかも、自宅から30分ほどで通勤できる場所にあり、ケアマネージャー未経験可って至れり尽くせりの条件。

ずっと陰から私の働き方を見ててくれたコーディネーターさんが、「すみれさんなら人物も仕事ぶりも私が保証します!!」ってアピールしてくれたみたい。

まずはこちらの企業に面談で話を聞きに行くことにしました。

一ノ瀬
実はこういうケースは珍しくないんだよね。
派遣社員での仕事ぶりを評価されて、次の現場では正社員とか。

すみれ
そうなんだ、コーディネーターには愚痴しか言ってない気がするけど…

介護歴は7年あるがケアマネージャー職は未経験の私

そして面談を無事に終え採用が決まりました。

採用会社側はすぐにでもケアマネジャーを必要としており、タイミングが良く即採用を決めて下さったのでラッキーでしたね。

この後、すぐにお仕事が始まります。

介護保険制度は仕事と平行して引き続き学んでいきました。

未経験ということもあり、始めは20名程の利用者様のプランを任された私。先輩ケアマネージャーが懇切丁寧に仕事を伝授して下さいました。

また新たな利用者様や職員との出会いがあり、新しい気持ちで仕事に取り組むことができました。

今までと違い、利用者様はもちろんのこと、ご家族や他のサービス事業所との連絡調整を行わなければなりません。

今までとは全く違う仕事内容に慣れるまでに時間がかかりました。

しかし、目標としてきたケアマネージャー。

これからこの仕事に全うしようとヤル気だけは人一倍強く負けません。

段々とお客様も増え、今では35人の利用者様を1人で担当することができるようにまで成長。

色々な専門用語、会議を開くタイミング、迅速な対応が求められ、休んでいる暇もないくらい。

でも、ひとつひとつ案件を解決するたびに、自分自身も晴れ晴れスッキリとした気分になるんですよね。そうこうしているうちに、また次の問題が発生するって繰り返しですが。

こんな私を、天国の父はきっと見守っているはずと、時々思いながらこれからもケアマネージャーとして輝き続けたいと意気込む私です。

実の父を想うようにプランを立てようと心に誓ったすみれでした。

一ノ瀬
ご入居者様を実の親と思い接する僕達職員

すみれ
うん、お父さんにしてあげられなかったことを叶える感じだよね?

小規模多機能居宅からケアマネージャーに転職した体験

一ノ瀬
最後に要点をまとめておくよ!
  • 小規模多機能居宅に勤めて介護観が変わった
  • ケアマネを取ったら絶対に転職すると宣言した
  • 信頼関係を築く必要のあるケアマネは正社員での採用
  • 天国の父が見守ってくれていると弱音を吐かなかった

一ノ瀬
ケアマネージャーって様々な経験を積んでるから、頼もしいんだね。
少しわかった気がした。

すみれ
ローマは一日にして成らずじゃ!

一ノ瀬
YAWARAネタかよ
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします