こんにちは!老人ホームで夜勤専任スタッフをしながら勉強し介護福祉士の資格を取得したすみれです。

介護福祉士は国家資格であり、介護職で働く方は必ず取得した方が良い資格。では、私がどのような過程で資格を取得したのかおさらいしていきますね。

目指せ給料アップ!介護のお仕事初の国家資格に挑戦

ホームヘルパーの資格を取得し、あっという間に3年が経ちました。

思えば3年前、父の他界をきっかけに、私は介護職に興味を抱き介護のプロを目指すようになったんですよね。父が亡くなった直後は、それはもう途方に暮れてしまった私。

「親孝行はこれっぽっちもしてないのに、なんで突然いなくなってしまうのよ!!」と私には後悔ばかりが残ったんですよね。

生きているときは、「面倒な親父だよ」って逆に毛嫌いしていたぐらいなんですから。

そんなポッカリと空いた気持ちから、介護職へ転職しようと決めたことで再出発できると思えた私。実際、父が入院していた病院にも介護福祉士の方や看護師の方が忙しくもイキイキと働いている姿がありました。

もちろん、その当時は介護のお仕事に就くなんてこれっぽっちも考えていませんがね。

人の役に立てる素晴らしい仕事があるもんだ、と思い切って転職し始めたホームヘルパー。介護職の現実は大変な出来事にも多く直面しましたし決して甘くはありませんでした。

オーバーワークを経験し、カラダを壊すこともありました。いっそのこと、介護職は辞めてしまおうかと考えたこともありました。

しかし、利用者様の「ありがとう」の一言や笑顔に支えられ、3年間あっと言う間に過ぎた感じがします。

介護のお仕事って、「ありがとう」がダイレクトに跳ね返って来る仕事。

これからも人の役に立てる素晴らしいこの仕事を続けて行きたい軸だけは、私の中でブレることはありませんでしたね。また、先々ケアマネージャーになりたい目標があった私は、介護福祉士の資格は必要不可欠でした。

国家資格を持てば、お給料もアップします。

他にも、自分のモチベーションも上がりますし、会社側や家族の方にも安心感を持っていただけて信頼が得られる資格取得を決めました。

一ノ瀬
ご入居者様からの「ありがとう」は本当にハマるよね?
すみれ
うん、こっちはただ仕事しているだけなのに「ありがとう」って言ってもらえる。

介護福祉士は実務を3年積めば取得できるのが嬉しい

介護福祉士の資格取得すると決め、仕事と勉強の両立が始まりました。

まず介護福祉士を取得するには、実務経験で取得するか、養成施設に通い取得するこの2つのルートがあるんですよ。

未経験からホームヘルパー2級の資格を取得した私は、当時も夜勤専任スタッフとして働いており、働きながら独学で取得する実務経験のルートで取得するしかありません。

介護の現場で働きながら資格取得を目指せるので、仕事内容に直結することもあり勉強は実際かなり役立ちましたよ。結果的には、モチベーションアップにも繋がっていくだよね。

実務経験で取得する場合は、養成施設や学校に通うより費用が安く済む点が最大のメリットですね。

実務経験で介護福祉士の取得をするには、ホームヘルパー2級を取得後3年間の実務経験が必要。

未経験から介護福祉士を取得となると最短で3年間かかる計算ですよね?

介護福祉士資格試験の申し込みにあたり、当時夜勤専任スタッフをしていた私は、まず今まで勤めた訪問介護事業所、有料老人ホームへ実務証明書を発行してもらい、3年分の実務経験を持って申し込み。

勉強は、半年くらい前から過去問を繰り返し解いたり、教科書の暗記を継続してきました。勉強自体苦にはならず、意外とスラスラと頭の中に入る内容で助かりました。

やっぱり、現場での知識がダイレクトに活きています。

実技の試験勉強については、3年間の実務経験で身についていることもあり、基礎をおさらいする程度。基礎が頭の中に入っていれば、何も怖いものはありません。

私の場合のように、勤続年数を満たしていれば、独学で資格の取得が可能なのが介護福祉士の魅力のひとつでもあります。

一ノ瀬
前職、前前職の事務職に在籍証明を出してもらう必要があるから
間違っても喧嘩別れ的な退職はご法度ですよ。
すみれ
喧嘩別れしてそれでいて証明書を発行しろ!なんて虫が良すぎるもんね。

介護福祉士は筆記に合格した後に実務試験が待っている

介護福祉士になるにはまず、第1関門で筆記試験に合格しなければなりません。

筆記試験に合格したあと、実技試験の受験資格が与えられる仕組みなんですよね。ですから最終的に筆記と実技両方合格をもって、介護福祉士の資格が取得できちゃう。

勉強については、このくらい勉強すれば合格する確約はなく、年齢や経験により人それぞれ様々。

私の場合は、試験の半年前から毎日1時間ずつ教科書を中心に勉強をし、最後の1ヶ月くらいは過去問をひたすら繰り返し解くスタイルで勉強をしていきました。

私の知り合いに、予め勉強をすることなく試験に合格したツワモノもいましたね。これには流石にビックリで拍子抜け。

運が良いのか、日頃からの知識なのか。他にも、1ヶ月前から勉強して見事合格した方もいました。

でも、私はしっかり勉強しないとダメなタイプ。人それぞれで一概には言えませんが、やはり普段から真剣に勉強している方の方が合格しやすい試験と言えるのではないでしょうか?

筆記試験に合格後は、実技試験の受験資格が与えられます。

実技の試験に関しては、普段仕事で取り組んでいることをそのまま行えば合格できるので、特別な勉強は行いませんでしたが過去の実技の問題を参考にする程度しかしませんでしたね。

掛かった費用に関しては、独学でしたので教科書と参考書代で5,000円以内で収まりました。養成学校や資格講座に申し込むと、受講料が掛かりますので、費用を抑えるのであれば独学で学ぶのが一番です。

一ノ瀬
勉強してないフリしてめちゃめちゃしてる奴。
すみれ
昔はあんまり勉強しなくても合格できたけど、今はどんどん難しくなってるから無理だよ。

介護福祉士を取得してご家族からの信用度が激上がり

介護福祉士は、ホームヘルパーや初任者研修、ケアマネージャーと違い、現時点では介護福祉系の資格の中で唯一の国家資格。

ですから、試験に合格して登録を行うことで、国に認められた介護士であると認められることになります。

介護に関する専門的な知識はもちろんのこと、技術の面でもワンランク上と認めてもらえるので、会社やご家族からの信頼もメッチャ変わります。

介護福祉士は、介護を必要としている人に寄り添う役割があり、身体的にも精神的にも負担の大きい仕事ですがその分やり甲斐があり達成感も大きいですね。

私自身、介護福祉士の取得をしてモチベーションも上がりましたし、試験勉強を通してより高い知識を習得することができた一人。周りからの信頼もかなり変わっていきましたね。

多少なりとも、子どもとの時間は犠牲になりましたが取得して本当に良かったなぁって思えますもん。

介護福祉士の資格を持っていると、就職や転職時に有利であるため、将来的にも安定していくことは間違いないです。一度取得しておけば、一生通用する資格なので持っていて損はありません。

また介護福祉士を持っていることで、お給料の待遇面でのアップも望めます。今後もますます介護の事業者が、介護福祉士を持っているスタッフを必要として需要が高まっていくことは間違いないですね。

一ノ瀬
絶対失業しない介護のお仕事
すみれ
うん、アイデアさえあれば自分で事業を立ち上げることもできるもんね。

介護福祉士になるための受験資格は勤続3年で問題なし

一ノ瀬
全ての職歴を通算することができるのもありがたいよね?
すみれ
うん、だから介護のお仕事は去り際も大切にね。
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3
  • リスト4
  • リスト5

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします