心を込めれば怖くない!未経験から介護への転職の際の履歴書を大公開

こんにちは!生保レディから介護職へ、異色の転職をしましたスミレです!

これからワクワクドキドキで介護職のスタートラインに立つまでの、わたしの活動を紹介させていただきます!

多くの方が経験されるであろう転職。

高齢化が進む中、今注目されている介護職への転職は気になったことがある方も多いのではないでしょうか?

一ノ瀬
初々しかった頃のすみれさん
すみれ
そうそう、まだ介護のお仕事していない頃の私

私が介護業界に転職したキッカケは突然すぎる父の死

私が介護職で働こうと思い立った理由は、父の他界ですごく悲しく辛い思いをし、途方に暮れた経験がきっかけ。

当時、新卒の生保レディとして営業でバリバリと働いていた私はノルマに追われ、父を含め家族との関わりも極少なく、家族より仕事。契約を上げることに目をギラギラさせ只々労力をかける毎日でした。

そんな忙しいことが当たり前なある日、仕事中に父が倒れ意識がないと連絡を受け、呆然です。

ポッカリ心に穴が空き放心状態が続いたことを覚えています。

医師の懸命な治療も叶わず、残念ながら父は天国へ逝ってしまいました。もっともっと父と関わりたかった。もっと話がしたかった。

後悔ばかりがいつまでも残りました。

ちょうどその頃営業のノルマもキツイし、そろそろ転職をしようかと考えていた私は、これから先自分は何ができるんだろうと真剣に考えはじめました。

その時感じていたすごく辛い気持ちを無駄にせず、これから何か人のお役に立ちたい気持ちがとても強くなりました。

辛い思いをすると他人の気持ちがわかる。そう試行錯誤しながら辿り着いた職種が介護職だったんですよね。

父の突然過ぎる死を目の当たりにして、死についてや介護にいてもより深く考えるようにもなりました。

そして、弱者でも最後まで自分らしくいられるためのお手伝いとして、介護の仕事をしてみようと決めた時、ぽっかり空いていた私の心が埋まっていくような気がしました。

目の前が、サーっと晴れ前向きな気持ちになっていく感覚を覚えました。

これから介護職を目指して行こうと決断できたのは、父がきっかけをくれたからです。

希望の光をくれた父に凄く感謝です。この経験を、絶対に採用側に伝えようと決めていました。

未経験で介護業界に転職するのに資格が必要か調べた

介護職に転職すると決め始めた活動としては、まずはどんな資格が必要なのか、資格の取得までどのくらいの期間を要するのかを調べました。

調べてみると、まずはホームヘルパーの取得をし働けば、その先に国家資格である介護福祉士や、公認資格の介護支援専門員の資格の取得が出来、道が開けていくことがわかりました。

介護職を探し始めると、たまたま近所の知り合いに訪問介護を立ち上げようとされてる方がいて、こんな偶然はない!チャンス!と思いすぐに相談へ行き、快く入社を決めてくださいました。

無資格で未経験の私を雇っていただける感謝の気持ちと、これから介護職の道で頑張って行こうと新しい目標が同時に叶った気分でしたね。

俗に言うコネ入社ではありましたが、知り合いの会社だからこそ、会社への貢献の気持ちや、未経験ではありますが恥じる事がないよう気合いが入りましたね。

無資格での入社をし、会社の援助でホームヘルパー養成講座の段取りをしてくださり、勉強しながら働く道を作っていただけました。

こんなにトントン拍子に事が運び、私は何てラッキーガールでしょう。

施設長にはいくら感謝しても足りないぐらいでしたね。転職活動まで行きませんが、知り合いの力でスムーズに就職ができたのですから。

当サイトいち押し!

何故未経験で介護に転職しようと考えたのかは重要

未経験から介護職に転職を決め、採用する側が一番知りたいことは「なぜ介護の仕事に就こうと考えたか?」です。

まず介護職への転職を決めたら、なぜ転職するのか理由を整理してみましょう。私の場合は、なぜ転職を決めたのか、父の事や生保レディ時代のエピソードも含め、具体的に採用側に伝わるよう努力しました。

いくらコネの入社であっても、そこはきちんと伝えるのが社会人としてのマナー。

採用側は人手不足であっても、「ただなんとなくやってみます」って曖昧な志望動機だったら、仕事を任すのは怖いじゃないですか?

ですから、最初の志望動機はしっかりと伝える必要がありますよ。

志望動機を伝えることは、自分をアピールし自分を知ってもらうことにもなるので、しっかりと自分の思いと気持ちを整理して挑みました。私の場合は、父の死がキッカケとなったため、その時感じた感情やエピソードを細く伝えました。

具体的なエピソードがなくても、先々どんな目標があるのかを伝えられると良いですね。

また、未経験からの転職の場合は、前職で働いてきた経験が介護職にどのように役立つのか、一生懸命頑張って働いてきた過去の経験も大切な財産なので、アピールすると印象が変わってきますよ。

当サイトいち押し!

心を込めたことを示すため敢えて手書きの履歴書

履歴書は、採用側が転職者を判断する最初の材料になります。

一ノ瀬君みたいな採用職は、何百何千もの履歴書に目を通してきているわけですから、履歴書を一読しただけで人柄や癖などを判断します。採用職ってすごいですよね?

私の場合は、手書きで履歴書を記入するようにし、心を込めて丁寧にを心がけました。

ただし、雑に書いたり誤字脱字が多いと逆に印象が落ちてしまいます。

まず、学歴の正しい情報を記載し、職務経歴を在籍期間や部署など、間違いがないように記入。保有資格欄は、当時は持っているものがなかったので未記入。

ちょっと空白欄が目立って心もとなかったので、志望動機欄は特に重点を置きましたね。

転職のきっかけについては、生命保険の営業職でのノルマの辛さから転職を考えていた時に父が急逝。介護の業界に興味が湧き、将来は介護の業界のエキスパートを目指し高齢者や障害者のお役に立ちたいこと。

過去の経験をどのように介護職に繋げられるかについては、生命保険の営業でその方お一人の人生設計や生活やご病気の不安などを相談に乗ってきた。親身になって人に寄り添う部分が介護職と共通している。

この2点を志望動機として記載。

趣味と特技は、職務とは関係ありませんが人柄を汲み取ることができたり、面接時に話題になることもあるので記入した方が良いですね。

ちなみに私は、食べ歩きやスポーツ観戦が大好きなのでそれを記載しました。

知り合いの会社のコネ入社ではありましたが、履歴書はしっかりと心を込めて作成しました。

未経験から介護への転職のすみれの履歴書を大公開

一ノ瀬
最後に要点をまとめておくよ!!
  • 父の突然すぎる死が原因で介護業界に転職
  • 未経験で転職するのにどんな資格が必要が調べた
  • なぜ未経験で介護に興味を持ったのかは重要
  • 心を込めたことを示すため敢えて手書きの履歴書
一ノ瀬
僕も総務職新人のころに、手書きの履歴書書かされたなぁ…。
すみれ
えーなにそれ?
一ノ瀬
心を込めた履歴書とそうでない履歴書を見破るための訓練だよ♪
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします