ジョブメドレーの使い方に関する評判はイマイチでも求人数は圧倒的

職場で煩わしい人間関係を経験すると人間不信に陥りますよね?

僕自身、リーマンショック時にリストラされ、暫くは誰も信じること出来なくなり辛かった思い出があります。

そんな時に僕が活用したのがエージェントと一切かかわらななくてもいい転職サイト。

しかもサーチ型の転職サイトは、登録せずに求人検索できるため人間不信のあなたにはおススメできます。

ジョブメドレーはサービス利用満足度94%の転職サイト

ジョブメドレーは、株式会社メドレーが運営する医療介護業界に特化した転職サイト。

その取り扱う職種は、医科・歯科から介護やリハビリはもちろんのこと、保育やヘルスケアなど、探せる職種数は業界最大級でなんと57種類。

職種数も圧巻ですが、全国都道府県の医療介護求人を36万件以上掲載。

多くの転職サイトが扱う求人が、首都圏・関西・東海・九州の大都市に集中しているのに対し、ジョブメドレーは地方の転職にも力を入れています。

株式会社メドレーは他に、介護施設の総合検索サイトの介護のほんねや、オンライン医療辞書のMEDLEYの運営を手掛けています。

社名:株式会社メドレー
本社:〒106-6222 東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木タワー22F
電話:03-4520-9820
設立:2009年6月5日
代表:代表取締役社長 瀧口 浩平

また、ほとんどの転職サイトが会員登録しなければ求人の詳細を見ることができない仕組みを導入していますが、ジョブメドレーは会員登録前でも気軽に求人検索できると好評ですね。

公式サイトによれば、サービス利用者の94%以上が満足と答えたジョブメドレー。

36万件もの求人を保有しているからこそ、あなたが希望する働き方や年収・時給・月給の求人を見つけることができます。

求人検索だけに集中できるジョブメドレーは珍しいサイト

僕がジョブメドレーを一押しする理由は、この介護専門の転職サイトが唯一無二のサービスを展開しているからです。

多くの転職サイトが、会員登録すればスカウトを受けることができるエージェント型を取っているのに対して、ジョブメドレーはサーチ型と呼ばれるサービス形態を取っています。

サーチ型の転職サイトとは、その名の通り求人を探すことだけに特化した巨大な求人データベース。

会員登録後にかかってくるエージェントからの電話が煩わしいと感じたり、誰にも邪魔されることなくマイペースで転職活動したい人には最適なサイトと言えますね。

ジョブメドレーも、会員登録することによって他の転職サイト同様スカウト機能を使うことができます。

当サイトいち押し!

サーチ型の転職サイト

ジョブメドレーは、サーチつまり求人を探すことに特化しているだけあって、求人の検索方法も様々。

医科・歯科・介護・保育・リハビリ/代替医療・ヘルスケア/美容の6つのカテゴリーから絞り込んで探せるだけでなく、都道府県から探す方法、注目職種を人気エリアから探す方法、施設ジャンルから探す方法の4つが用意されています。

病院・診療所・介護福祉事業所・訪問看護ステーション・代替医療リラクゼーション・保育園幼稚園・歯科診療所技工所・薬局・ドラックストア・その他施設

また基本的に、求人を探すことだけに特化していますから、エージェントからのしつこい電話や催促は基本的に一切ありません。

お祝い金制度

ジョブメドレーを経由して転職が決まれば、お祝い金がもらえるのもジョブメドレーを使う特典のひとつ。

ただしこの場合は、事前に会員登録しておかなければならないのでご注意ください。

もらえるお祝い金の額は、実際内定した求人の給与や雇用形態によって異なりますが、想定年収350万円でお祝い金は3万円前後。

会員登録しなければいくらもらえるのか分からない他のサイトと違い、実際いくらもらえるのか求人詳細を見れば掲載されています。

他にも正社員だけでなく、契約社員で~9,000円、パートでも~7,500円もらえるので、なにも貰えないハローワーク経由で応募するよりはマシじゃないでしょうか?

これを高いと感じるか低いと感じるかはあなた次第です。

地方転職に強い

多くの転職サイトや転職エージェントが主要都市向けの求人しか扱わないのに対し、ジョブメドレーでは日本全国津々浦々の求人を扱っています。

他のサイトで求人数の少ない四国だけでも、2,000件近くの介護ヘルパー職の求人がヒットします。

これは同じく全ての都道府県の求人を扱う転職エージェントきらケアが、四国だけで持つ介護求人の実に10倍以上。

このことから、ジョブメドレーが都心だけでなく地方の介護転職にも強いことが伺い知れます。

当サイトいち押し!

ジョブメドレーのデメリットは未経験者には不親切な設計

ジョブメドレーを運営する株式会社メドレーは、医療介護業界が直面している人材不足解消の課題解決に積極的に取り組んでいる企業のうちのひとつです。

ブランクのある人でも復職しやすい環境を作ったり、未経験者がチャレンジしたくなるステージを用意しようと取り組んでいますが、人材不足を解消するにはブランクのある人の復職が鍵と考えています。

ここから、きらケアを運営しているレバレジーズが介護未経験者人口自体を増やそうと取り組んでいるのとは対照的に、株式会社メドレーは女性の社会進出・子育て支援・時短勤務のワークライフバランス最適化に力を入れていることが伺えます。

このような背景から、実際は資格を持っていても介護未経験者が応募できる求人はジョブメドレーには多くありません。

一ノ瀬
ひとつひとつ求人を見ていくと「未経験OK」の求人に出会えますが
最初から絞り込めないところが、ちょっと不親切だよね
ジョブメドレーに登録可能な介護系の資格等
初任者研修(ヘルパー2級)、実務者研修(ヘルパー1級)、介護福祉士、介護士管理職、サービス提供責任者、ケアマネージャー、社会福祉士、社会福祉主事任用資格、精神保健福祉士、福祉用具専門相談員

また、住んでいるエリアから求人検索する方法、最寄りの路線・駅名から検索する方法、複数の条件を組み合わせて検索する方法がないのが残念な点ではないでしょうか?

今後、未経験者に対し門戸を開くなら「未経験OK」「無資格者可」などから検索できる仕組みができれば、相当使い勝手が良くなるものと推測できます。

他にも、土日祝休み・夜勤なし・公休日120日以上などワガママに指定できれば、求人検索の時間短縮を図れるのにと少し残念な点でもあります。

また転職サイトのジョブメドレーは、非公開求人を一切扱っていないのも大きな特徴ですね。

ジョブメドレーの使い勝手についての口コミを拾ったよ

色々なシーンで使えそうなジョブメドレーですが、ユーザーの皆様はどう考えているのでしょうか?

情報量が多いだけに戸惑うユーザーさんが出ているのではないかと考え、ジョブメドレーの口コミを、公式サイトや2ch・知恵袋から拾ってみました。

良い口コミ

転職に関するアドバイスが役に立った

毎回届く転職に向けてのアドバイスが役に立ち、これから自分に必要なスキルは何か考えさせられました。また、ジョブメドレーを利用することで、応募した会社とスムースに連絡を取ることができ、サイト上から簡単に書類を作成できたのも助かりました。

デメリットは特に感じませんでしたが、敢えて言うならば、WEBサイトの操作の仕方を詳しく解説して欲しかったですね。

オオサコさん
こんなおばちゃんでも転職できました

ずっとハローワークで応募してきましたが、スマホに変えたのをキッカケにネット応募に初挑戦。

すっごく戸惑うだろうなと思いつつも、なんと1社目で転職出来てしまいました。

実際、希望の条件を検索して面接を受けるまでの時間が短く、すぐ面接にまで行けたので、ひょっとしてハローワークよりも使えるかも?って思っちゃいました。

シレトコさん

介護の求人を検索する場合、未だハローワークやフリーペーパーで探している中高年層が多いようですね。

この他にも、WEBサイトの操作マニュアルが簡素すぎて使いにくかったって声も拾えました。

当サイトいち押し!

悪い口コミ

履歴書類の作成ツールを充実させて欲しかった

自分の職歴をアピールするためのフォーマットが用意はされていましたが、大雑把すぎて本当にこれでアピールになるのか?心配でした。

できればもう少し、分かりやすい操作方法と説明を付けて欲しかったですね。パソコン詳しい人は分かるだろうけど、50代の私には少し敷居が高すぎたのかもしれませんね。

マチコさん
50代でも使えたジョブメドレー

WEBサイトの使い勝手は、それなりに簡素化されていて使いやすかったように思います。

一方のサポートに関しては、もう少し温かみが欲しかったですね。とにかく転職を完了させることばかり優先されて、私の悩みはあまり聞いてくれない状況でしたから。

とはいうものの、ジョブメドレーでお祝い金をもらって転職できたのでそれはそれで良かったかな?

ヨッキーさん

と、ここまでジョブメドレーについての口コミをいろいろ探してみましたが、やはり求人の量や質ではなくWEBサイトの操作性について不満を感じた人が多い結果に終わりました。

ジョブメドレーと他の転職サイトを比較した結果を報告

ジョブメドレーを使うメリットデメリットと、世間の口コミをひと通り調べ上げたところで、他の転職サイトと異なるポイントを比較してみましょう!!

本来、ジョブメドレーと介護求人に特化した転職サイトを比較するべきですが、今のところ上部メドレーの他に、これといって使える転職サイトがありません。

求人数うち介護求人無料性格診断スカウト機能祝い金制度
ジョブメドレー36万件14万件なしありあり
リクナビNEXT800万件400件あり
グッドポイント診断
ありなし
マイナビ転職450万件200件あり
仕事適性診断
ありなし

ジョブメドレーとリクナビNEXTの違い

ジョブメドレーとリクナビNEXTの違いは、扱う業種・業界の違いです。

ジョブメドレーが医療介護業界に特化いているのに対し、リクナビNEXTは全ての業界・職種を網羅することに重きが置かれています。

求人の総数を見るとリクナビNEXTが圧勝ですが、介護求人に限定するとジョブメドレーが圧勝。

求人数は圧倒的なものの、ジョブメドレーは求人を検索する機能しか備わっていないため、少し心もとない感が否めません。

一方のリクナビNEXTに登録すれば、グッドポイント診断と呼ばれる無料で使える性格診断や、豊富な転職ノウハウが掲載されています。

また、孤独な転職活動仲間を集めるコミュニケーション機能も備わっています。

僕的には、ジョブメドレーで求人検索を行いつつ、リクナビNEXTでいろいろ補うのがベストだと考えています。

ジョブメドレーとマイナビ転職の違い

ジョブメドレーとマイナビ転職の違いは、リクナビNEXT同様に扱う求人の範囲の違いですね。

マイナビ転職は20代30代向けの総合転職サイトですから、介護職の求人も全国でたった200件足らずですから使い物になりません。

多少使える性格診断テストが備わっているものの、所詮リクナビNEXTの二番煎じで使えません。

マイナビで使える就職フェアにおいて、介護職がピックアップされていれば、苦労せずとも内定をもらうこともできるかもしれませんね。

当サイトいち押し!

誰にも頼らず転職したいならジョブメドレーを使おう

ここまでの説明を聞いて、自分はジョブメドレーを使うべきか否か?お分かりになったのではないでしょうか?

ジョブメドレーを使うべき人

  • マイペースに求人を探したい
  • お祝い金をゲットしたい
  • エージェントからの電話が苦手な人

ジョブメドレーを使わないでもいい人

  • 分からないことは誰かに頼りたい
  • 転職エージェントに丸投げしたい
  • ワガママに複数の条件で検索

ジョブメドレーは会員登録なしでも無料で使えるサイト

ジョブメドレーを使うべき人に該当したら、まずは会員登録せず求人検索してみましょう。

このサイトの使える点は、めんどうな登録することなく求人を閲覧することができる点ですよね?

でも、真剣に転職活動すればするほど、多少なりとも分からないことが出てくるはずです。

しかもジョブメドレーの求人に応募するには、結局無料の会員登録が必要ですし、直接応募してしまうとお祝い金も貰えません。

手順1:まずはWEB経由で無料会員登録から

登録の際使用するメールアドレスは、メインで使っているものではなく、Yahoo!メールやGmailのフリーメールが便利ですね。

普段使いのメールにスカウトメールや、担当者との連絡メールが紛れてしまうとどれがどれだか分からなくなってしまいます。

僕は使う転職サイトごとにフリーメールを取って、整理してきましたよ。

登録する電話番号は携帯でも構いませんが、必ず連絡が取れる番号を記載しておきましょう!

万が一、イタズラだと思われたら大変ですからね。

当サイトいち押し!

手順2:送られてくるURLをクリックすれば登録完了

無料登録の際はいくつか職歴の入力が必要な個所がありますが、できるだけ正確に記入しておきましょう。

たくさんスカウトをもらうコツは、職歴の記入を正確に行って字数制限ギリギリまでアピールポイントを書いておくことですが、これは後からでもできるので、まずは再度送られてくるURLをクリックして本登録を完了してしまいましょう。

転職サイトは、転職エージェントと違い職歴のヒヤリングに時間を要しませんから、本登録が終わったと同時に求人検索を開始することができます。

転職エージェントと違い、分からないことがあれば担当者に聞く、応募したい求人があれば担当者とのやり取りがメールで発生する程度です。

転職の時期をせかされることもありませんから、気楽に求人検索して良い条件の求人が出たら飛びつくスタイルで行きましょう!

ジョブメドレーは使い勝手が悪いが求人数は圧倒的

一ノ瀬
最後に要点をまとめておくよ!!
  • ジョブメドレーは、全都道府県を網羅した36万件以上の求人が圧巻
  • 求人を探すことだけに特化した転職サイト
  • 非公開求人を一切扱わないのがデメリット
  • 想定年収1%のお祝い金制度は嬉しい特典
  • マイペースに求人を探したいなら登録して損はない
当サイトいち押し!
万が一の場合に備えて別の収入源を確保しておきませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします