楽な介護施設職員

サイト管理人自己紹介

初めまして、すみれの介護転職支援.com管理人の斎藤と申します。

現在、兵庫県下にある老人ホームで介護施設職員をやっております。

私と介護業界との出会いは、今から遡ること8年前。リーマンショックの影響で勤めていた工場が消滅。40代でリストラされ、否応なしに転職を強いられました。

リーマンショックでリストラされ所縁のない介護業界へ

40代での転職活動は、熾烈を極めましたね。

探せども探せども転職先が見つからない。やっと求人にたどり着けたと思ったら今度は書類選考に全然通過できない。もう正社員での転職は諦めかけていた頃、とある転職エージェントに出会いました。

彼とは何故かなにかと馬が合いました。

複数の転職先を紹介してくれただけでなく、模擬面接や面接でのアピール方法、更には転職に関係のない人生相談にまで乗ってくれ、世の中捨てたもんじゃないなと思わせてくれました。

そんなお世話になった転職エージェントの社長さんに、「介護業界はまだまだ人手不足、斎藤さんの実力ならきっと頑張れるよ!」と後押ししていただき、未経験ではありましたが老人ホームの労務担当兼苦情処理係として入職。

入職当初は、価値観の違いからか介護士や看護師達とひと悶着あって、何度辞めようかと思ったことか…。そういう、なんやかんやがありながら本日まで在籍できています。

業界未経験の私は色々とカルチャーショックを受ける

親戚が大阪府下で介護事業を展開しており、「介護業界は人間関係が最悪だから、斎藤君には絶対に合わないよ」とアドバイスをもらっていたので、入職当時は少々ビビッておりました。

確かに、現場の介護士や看護師はキツい人が多いと感じていましたが、それは何より入居者様達の命を預かる現場だからだと教育されました。

「なるほどなぁ」と理解できたところで、現場を預かる20代の女性主任さんや若手の介護士達と打ち解けることが出来ました。

もちろん、同世代の40代50代のベテラン介護士さん達もキツい性格の人はいるものの、特に介護に関しては熱く、高い志を持った方々ばかりで安心しました。

様々な「ありえへん」を経験し業界で強くなっていく私

職員以外に驚いたことは、本当にたくさんあります。その中でも私が特に驚いたことを紹介しておきます。

  1. 何回転職回数があっても転職ができてしまう業界

    労務兼採用担当として入職した私ですが、当初は介護士達の転職回数の多さに驚いてしまいました。転職エージェントから紹介を受ける介護士の多くが、履歴書に書ききれないほどの職歴を持っており、この業界ではこれが普通だというのです。介護士の資格を持っている施設長曰く、「この業界では何回転職しても通算されるからなんの問題ないんだよ」と。
  2. 低い年収を補うために様々な副業が流行っている

    もうひとつ強烈に驚いたのが、副業が普通にまかり通っていること。介護士や夜専職員だけでなく、我々と同じく直接処遇ではない職員に至るまで常に職場では副業の話題が飛び交っているんです。

    私が入職当初、介護職員達と大揉めしたのが「副業の勧誘を職場でするべきでない!!」と怒鳴りつけたことが原因なんですが。

    後日、副所長に「ネットビジネスは誰でも儲かるから、斎藤もどうや?」って言われた日には、膝から崩れ落ちそうになりましたね。

    これが普通なんやねって何度もショックを受けながら強くなっていく私。

仕事をしているだけで「ありがとう」と感謝される職場

我々、直接処遇ではない職員は基本的に介護に携わることは許されていないのですが、ホームで一定時間過ごすからには、現場に遭遇してしまいます。
基本的に私達は、自立のご入居者様達の対応に当たることが多いのですが、お部屋まで荷物を運んだり、タンスの上の衣装ケースを降ろしたり、スマホの使い方をお教えしたり、こんな些細なサポートをするだけで感謝されるんです。

些細なサポートしただけでも「ありがとうね」と感謝される。私は、20年間製造業の社会人生活の中で揉まれてきましたが、他に感謝される仕事がありますか?

ハッキリ言ってこんな心地よい仕事は他にはありませんよ。

私がハマってしまった原点は、ここにあるわけです。対お客様と従業員の関係なのに、孫や本当の息子のように可愛がってくれる。

「私達が逝くまでサポートお願いね」と言われ、何度トイレの中で男泣きしたことか。

介護施設はご入居者様達が亡くなる運命にあること

楽しいことばかりではありません。介護施設は、どこかで必ず死という運命が待っているもの。

私達は働くために老人ホームに通っていますが、住んでおられる方々は終の棲家としてこの地を選ばれた方々ばかり。

息子と母親、孫と祖父のような関係長年接していれば情も沸くものですが、やはり親身にしていた人達の死というものは、何度直面しても慣れないものです。

今日も私はご入居者様達から元気をもらっています